So-net無料ブログ作成
検索選択

簡単にできるものだけ-僕が実践する金運を上げる15の方法② [ビジネス・金運]


前回からの続きです。


僕の知っている、自分でも取り組める金運アップ法をいくつか紹介します。


トレーに乗った小銭.jpg



⑦お金に愛を送る
お金の良いところをピックアップし、感じて感謝をする。これは人のコミュニケーションと同様と考えて良い。物であれ、お金であれ、愛を送れば形となって返ってくる。
例1)お金があるから本が買えて知識が豊かになります。どうもありがとうございます。
例2)お金があるから居酒屋など行けて仲間と楽しめます。どうもありがとうございます。


⑧一円を大事に
(⑦とも関連する)
斎藤一人さんの言葉をシェアします。

『どこかに一円玉が落ちていたら助けてあげるんだよ。汚れていたらきれいにしてあげる。そうするとね、一円玉のお父さんが、「子供を助けてくれて、ありがとうございました」とお礼をいいに来てくれる。一円玉のお父さんは五円玉なの。その五円玉のお父さんは一〇円玉。そうやって五〇円、一〇〇円、五〇〇円、一〇〇〇円、五〇〇〇円、そして一万円と続く。一円を助けてあげれば、皆、集まってお礼に来てくれるんだ。』

引用元:斎藤一人著「斎藤一人お金に愛される315の教え 」



⑨お金持ちを賞賛する
お金持ちをひがむと「自分はお金持ちになれない」と自分自身の潜在意識に刷り込むことになるので、逆に「社会経済に大きなお金の循環を生み出してくれてありがとう」「お金を稼げる人は素晴らしい」と賞賛する。


⑩満月に向かってお財布フリフリ
1)満月の日にいつも使っている財布を用意する。
2)財布からクレジットカード、領収書抜く。※一般的には、お札や硬貨は入っていてもいなくてもOK。
3)外気に財布をかざしてフリフリしながら「今月も臨時収入がたくさん入りました。お月様ありがとうございます」と、過去形で宣言する。
※ 曇りや雨で、お月様が見えなくても、エネルギーは満ちているので効果はある。
※ 満月の前後の日でも効果はある。


⑪神社ミッション
神社にある賽銭箱に大金(例えば一万円)を入れる。これは、お金への執着を手放すことが目的。金運の世界では、お金は価値を交換するエネルギーとみなす。「エネルギーは循環を好み、停滞(執着)を嫌う」これが、大自然の法則(大気や水などと同様)であり、これを意識して行うことが大事。お金が数倍になって帰ってくるらしい。心屋仁之助さんがすすめている。
>> NAVER まとめ 【神社ミッション】最近、賽銭箱に一万円札を入れる人が増えているって?


次回に続きます!!


脳力サポート