So-net無料ブログ作成

幸せになりたい人必見!鍵山秀三郎氏の幸せに対する見方は素敵! [ご縁・感謝・調和]


人は自分一人の力だけで成長してきたのではありません。親、親戚、地域の人、先輩、教師など、無数の人の恩恵があったからこそ、心身が成熟したり、知識やスキルを習得してこれたのです。


なので、その恩に報いるように周りの人や社会に対して貢献する行動をとっていきたいですね。この報恩謝徳の精神が発揮されるときこそ、人は最も生きがいを感じるものだと僕は考えています。


イエローハット(カー用品チェーン)を創業した鍵山秀三郎氏の本に深く感銘を受けた言葉があったのでここでシェアします。
 

『幸せには三つあるといわれます。一つ目の幸せは「してもらう幸せ」。赤ちゃんのとき誰もが、お腹が空けば泣いたし、オムツが濡れれば泣きました。するとお母さんが飛んできて、おっぱいを含ましたり、オムツを替えてくれました。これが「してもらう幸せ」です。二つ目は、自分で「できる幸せ」。字が書けるようになった。ひとりで自転車に乗れるようになった。サッカーがうまくなった。何でも自分でできるようになると、偉くなった気がしてうれしいものです。これが「できる幸せ」です。そして最後は、人に「してあげる幸せ」。人に物を差し上げる、何かして差し上げる、相手の喜びをわが喜びとする。そんな人は、人から好かれ頼りにされます。「してあげる幸せ」は三つの幸せのなかでも最高の幸せです。』

引用元:鍵山秀三郎著「ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる」






心に響く言葉ですね。


人間誰しも、子供の頃は、何もかもを周りの人に頼って生活していたはずですが、心身が成熟するにつれ、自分の力で切り拓いていくようになりますね。


自分の足で歩いたり、自分の手で食事をしたり、もうちょっと大きくなったら自力で学校に通い、自分の頭で勉強もする。もうちょっと大きくなったら仕事や社会的責任ですね。


自分のことを思い返せば、そこで困難を経験するたびに、支えてくれていた人の優しさや強さを思い知っていたように思います。例えば「周りに見守ってくれる人がいたから自分は健全に生活できたし成長もできたんだ」「社会に出て働くってこんなに大変なんだ」など、


これらを忘れることなく、恩返ししていく気持ちや、子や孫につないでいく気持ちって大事ですよね。鍵山さんの言葉をきっかけに深く考えさせてもらえました。自分の命を自分本位に使うことができなくなります。


支えてくれる人に感謝すること、また利他的な行動をとっていくこと。これが、結果的には自分磨きや生きがいにつながると考え、目の前の人を大切にしていきたいです。


脳力サポート