So-net無料ブログ作成

今だから言える薄毛だった過去 [健康・体質改善・気分転換]


最近、自分の日記を読み返すことにはまっています。


ある日記に、「起床時に枕に抜け毛がたくさん」と書いてありました。今だから言えるのですが、20代後半、僕は薄毛でした。これは遺伝的なものではなく、疲労とストレスの蓄積によるものだと思います。


「もともと自分ですかないと間に合わないくらいフサフサだったのに…」「なんだか人の視線が気になるな…」と当時は本気で落ち込んでいました。人前に出ることも避けるようになりました。


日記を読み返すと、フサフサ感を演出できるシャンプー、育毛サプリ、育毛剤といったものもよく使っていたし、植毛も考えていたようです。でも今思えばそれは意味がない。効果があったとしても対症療法でしかない。


毒素や老廃物をデトックスすること、気血を巡らせること、メンタルを整えること、自然な食べ物を摂取することなど、基本的な事の方がずっと大事です。


やはり健康第一です。健康であれば、毎日快適だし、ありのままを表現できるし、余計なモノに時間やお金を使いません。今はフサフサですよ ^^


nice!(8)  コメント(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

脳力サポート