So-net無料ブログ作成

セルフイメージを高める方法-10選 [引き寄せの法則・鏡の法則・潜在意識]


セルフイメージを高めるために
僕が実践している10の方法について、
シェアさせていただきます。
また、セルフイメージに対する
僕の見解を述べさせていただきます。


屋形船.jpg


セルフイメージを高めるための方法-10選


①頑張ったことリストや
 達成してきたことリストを作る


②自分の良いところリストを作る


③難しいかもしれないが
 人に自分の良いところを言ってもらう


④なりたい自分をイメージして、
 既にその通りになったと思い込んで行動する


⑤理想の肩書を作る
 肩書はそのままセルフイメージになる


⑥尊敬する人がいれば、
 「あの人だったらどうするだろう」
 と考えそのように行動する


⑦成功者と交流してみる
 「案外普通だな」「自分にもできるかも」
 と思えるかどうかがポイント


⑧自分の強みを見つけて伸ばす
 当然肩書は強みに関連したものがよい


⑨小さな成功体験を積み重ねる


⑩自分の都合ばかり考えずに、
 人に感謝されるような事をする


以上。


引き寄せ関連の本には、
①~⑦がよく書かれていますが、
これでうまくいかない人って
結構いますよね。


多分、⑩ができていないからでは、
と僕は思います。


自分の都合ばかり考えている人
というのは、換言すれば
人の役に立とうとしない人です。

 
「自分には何ができるのか」
「どうすれば人に感謝されるのか」
「どうすればそれを伸ばしていけるのか」
ということが分からないまま
年を重ねてしまうから、
セルフイメージが低いのです。


お金のブロックが生まれやすいし、
自分から人間関係を作れないし、
何気ない日常に(支え合う日々に)
価値を感じることができないのです。


逆に、自分が人に対して
何ができるかを考えている人は、
日々チャンスに恵まれるわけです。


周りに感謝されながら、
自分の良さを見つけながら、
活躍の場を広げながら、
フォローしてもらいながら、
人間的に成長し、
セルフイメージが向上していくのです。


こういうところができてないと、
いくら①~⑦やっても
無駄かなという気が僕はしています。
不安や恐れが生まれ、
逆引き寄せを起こすと思うのです。


なんとなく、⑩が①~⑦の土台に
なっているような気がしています。


また、①~⑦ばかり教えている人は、
エゴを助長させ高額商品に導いている
ような気もしています。


人の役に立とうとしない人が、
引き寄せの法則を使って
なんでもかんでも手に入れたら大変です。


仏教でいう、「八正道に励め」
「執着(自分の都合)を手放せ」
これが引き寄せのコツだと僕は思います。


本当に豊かな人は与える人です。


nice!(17)  コメント(0) 

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

脳力サポート