So-net無料ブログ作成

異常なほど星空が好きな僕が星空について語る [ご縁・感謝・調和]


かなり涼しくなってきましたね。夏はすっかり終わりました。ちなみに僕が一番好きな季節は夏です。


夏が好きな人って、この涼しくなっていく時期が苦手な傾向にあるのですが、僕はこの時期も好きです。なぜなら、夜に空を見上げると夏には見えなかった星が見えるようになるからです。


(夏に星空が見えにくいのは、湿気が多く空気中の水分が視界を遮るから、日照時間が長くて残照が多いからです。)


僕は異常なほどに星空が好きです。どちらかというと理屈ではなく感覚として。以前、東京のど真ん中みたいなところに住んでいた後に、ど田舎に引っ越したことがありますが、あまりの星空の綺麗さに泣いてしまったことがあります。


これは「???」かもしれないですが、地球にいる僕があらゆる星の輝きを認め、ある星にいる誰かが地球を含めたあらゆる星の輝きを認め、といった感覚。もっと言えば、遠く離れていても全てが繋がっているような感覚。もっと言えば、「個々の輝きは全てを一つにする」ということです。


nice!(18)  コメント(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

脳力サポート