So-net無料ブログ作成

人生どうなるか分からない、だからこその一期一会


「いくつになっても分からないのが人生というものである。分からない人生を、分かったようなつもりで歩むほど危険なことはない。」(今朝出会って僕の頭からずっと離れない松下幸之助さんの言葉)


田舎の川.jpg



何もかもうまく行っていた人が病気になってほぼ全てを失ったり、悪事や性格の悪さがネットで広まって周りに人がいなくなったり、会社をクビになったけど個性や特技を活かしたビジネスを始めて大成功したり、いろいろな話を聞きます。


どんな川でも緩急があるように、自然の豊かなところにある川ほど曲がりくねっているように、先々どうなるかなんて分かるはずがないのです。川に流れている葉っぱを見ても、スムーズに流れるときもあれば何かにぶつかるときもあるし、暗いところで停滞していた後に突然光を浴びることもあるのです。


個人的に、「人生は一期一会で、その時その時でしか得られない学びや感動をどれだけ未来に活かしていけるか」という見方をしています。この見方は、自分が逆境にいたとしても、そこに意義を見出して何かを得ようとするし、周りと比較することもないので、とても楽です ^^


この世のあらゆるものは変化し続け(諸行無常)、その変化は無数の繋がりの中で起こっています(諸法無我)。何も分かるはずがないのです。だからこその一期一会です!!


nice!(27)  コメント(2) 

nice! 27

コメント 2

ぼんぼちぼちぼち

同感でやす。
あっしは、このまま真っ暗闇かと思われた人生が27才の時にぱあっと開けやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-10-02 21:15) 

brightness

>ぼんぼちぼちぼちさん
それは良かったです ^^
気にせずに今を全力で生きる。
これが明るい未来につながるのかもしれません♪
by brightness (2017-10-03 09:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

脳力サポート