So-net無料ブログ作成

松下幸之助さんの謙虚さはある意味で究極 [ご縁・感謝・調和]


『知れば知るほど世の中のことを知らないことに気づいてくる。自分一人では本当に何も出来ないといっていい。この事実に気づけば人は謙虚になる。謙虚な人には誰もが心の底から助けたくなる。自身過剰は成功への足かせとなる。』 -松下幸之助-



スカイツリー.jpg



当然のことですが「自分の力だけではないんだ」「支えてくれる人がいるから今の自分があるんだ」といった謙虚さはとても大事だと思います。


・自分の足らないところを認識し、そこを改善していていくこと
・支えてくれる人に対して感謝の気持ちを持つこと
・自分の人生や命は自分一人のものではないと自覚し、自分を最大限に活かそうとすること


など、こういったことにつながってくると思います。


何をするにも、上記のような意識があれば、助け合いや相乗効果が生まれて成功しやすいし、苦難に対峙したとしても、仲間意識や連帯感から、それがやりがいに変わったりするものです。自惚れや傲慢さがあるとこうはいきません。


少し話が変わりますが、松下幸之助さんは、社会的に大成功を収め、誰からも頭を下げられる存在となりました。それでもずっと謙虚でいたいと考え、それ以降、神棚や仏壇に頭を下げることを毎朝の習慣にしたそうです。究極ですよね。


nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

脳力サポート