So-net無料ブログ作成
検索選択

タルムードの中でもこの言葉は特に好き「最も賢い者とは...」 [ご縁・感謝・調和]


僕はユダヤ教の聖典「タルムード」をよく読みます。その中でもこの言葉は特に好きです。


「出会った人すべてから、なにかを学べる人こそ、世の中でもっとも賢い」タルムード



Mountains_Bentley.jpg



知恵や知識が増えたり、問題解決のヒントを頂いたり、やる気を引き出してくれたり、自分の良いところを見つけてくれたり、改善すべき点に気づかせてもらったり、


これらすべてが出会いにより生まれていることを考えると、出会ってくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。


僕は「出会う人は皆自分の先生」という見方をするようにしています。この世に経験、物の見方、性格、生活環境が同じ人というのはいないのです。つまり出会う人はみな自分とは別の人生を歩んでいるのであり、学ぶべき点は必ずあるということです。


こういう意識があれば積極性や新鮮さをもってコミュニケーションを楽しめますね。ポイントはやはり感謝、謙虚、素直だと思います。こういう気持ちがあればどんな人からも学ぶことができるのです。


僕は、ついうまくいったからといって初心を忘れたり、苦しいからと自己練磨を怠ったり、エゴや執着に支配され内省を怠ったりと、弱い心が出てしまう時があるのですが、こんな時こそ「出会う人は皆自分の先生」という意識を大切にしたい。いい刺激をもらいたい。


自分が見えている世界なんて本当狭いんですよね。才能のある人、行動力のある人、魅力的な人に出会うたびに、その人の良いところを取り入れていくようにしたいです。


これからも素晴らしい出会いがあると考えると、ワクワクすると同時に、自分自身を磨いていかなければという気持ちになります。


nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

脳力サポート