So-net無料ブログ作成
検索選択

断捨離のヒントー自己肯定感を下げるモノとは? [生産性・時間・断捨離・習慣]


最近、仕事において、進むべき道というか、自分の強みを活かせるところが明確になってきたので、これに伴い、その道には必要のないPCデータや書籍を断捨離しています。


昔読んでいたブログの記事にこんなことが書いてありました。(うろ覚えで正確ではないです。)


『勉強でも、スポーツでも、人間関係でも、残念な結果になってしまった経験は誰にでもあると思う。例えば「3ヶ月間一生懸命にTOEICの勉強をしたけれど結局スコアは大して変わらなかった」「学生時代はサッカー部に入って頑張っていたけどずっと補欠だった」など。実はこういう残念な気持ちはモノに宿っている。TOEICの例で言えば参考書や机に、サッカーの例で言えばサッカーシューズや卒業アルバムに宿っている。それが自分の部屋に置いてあるならそれは考え物。なぜなら、無意識的に「残念な自分」を思い出すことで、自己肯定感を下げてしまうからだ。』


今断捨離しているPCデータや書籍には、苦手意識のあるところや、理解が中途半端なところが結構あるんですよね。これを機に自己肯定感アップを狙います。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート