So-net無料ブログ作成

アスファルトの害 あえて暑すぎる道を歩いてみてふと思ったこと [健康・体質改善・気分転換]


いつもは緑や土の多いところを
選んでウォーキングしていますが、
今日は、実験的に、アスファルト
ばかりの道を、あえて暑い時間帯に
ウォーキングしてみました。


正直、かなりきつかったですね。
いつもは平気で30分程度
歩いてしまうところを、
15分程度で軽くバテてしまいました。


アスファルト自体が
熱を溜めこみやすい材質だし、
日光の照り返しもあるので、
本来的な暑さよりも
ずっと暑くなっていくんですよね。


また、梅雨の晴れ間というのは、
本来、降水時に土に吸収された
雨水が蒸発することで、
地表温度が下がっていくのですが、
アスファルトで舗装されたところは、
雨水を下水に流しているので
そういう働きもないのです。


今日は調子が狂ってしまいました、、
でもいくらか学びもあったかな、、


ふと思ったのは、
これが現代人の歩かない習性にも
つながっているのでは、ということ。


土系舗装であれば、
普通にウォーキングを楽しめるのに、
アスファルト舗装だからこそ
暑さに負け、体力が消耗し、
苦手意識が形成されていくのではないかと、、


歩かなかくなる要因として、
デスクワーク中心のライフスタイルや
交通手段の発達などがあげられますが、
こういう要因もあるかなと思います。


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート