So-net無料ブログ作成
検索選択

歴史を忘れた民族は滅びるーコンクリート建築という幻想 [健康・体質改善・気分転換]


この梅雨の時期にいつも思うこと、、それは「コンクリート造よりも木造の建物の方がずっと快適に過ごせる」ということ。長年木造の家に住んでいるので分かります。


木というものは建材となっても呼吸し続けます。湿度の多いときは吸い込み、湿度の少ないときは吐き出す、というように湿度を調整してくれるのです。


一方、コンクリートにはそういった特性はなく、熱を吸収しやすいし、通気性もよくないので、「より高温に」「より多湿に」なっていきます。それだけ空調にも頼りがちになります。結露も起きやすくなり、そこからダニやカビも発生しやすくなります。


(ちなみに、大抵のコンクリート建造物では、ビニルクロスやプラスチックなども使っているのですが、これにも調湿性はないです。化学物質による健康被害もあります。)


ちなみに、僕が家にいて、蒸し暑くて仕方ないという時はほとんどないですが、あったとしても、家の窓をいくつかあけて空気の流れを作るようにするだけで解決します。とても快適です。


ウォーキングをしていていつも思います。日本の風土に即した建造物が本当に少なくなってきたなと。これは法律があるので仕方のないことでもあるのですが。


歴史や自然観を見失って、、、経済、便利、効率を優先して、、、日本の風土に即した建造物もなくなっていく、、、


病人(例えば、体温調節ができない人、アレルギー疾患になる人など)が増えるのはある意味当然なんです。何かのメッセージなんです。


↓  ↓  ↓






nice!(42)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 42

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート