So-net無料ブログ作成
検索選択

体調を壊す? タワーマンションより古民家を選ぶべき理由 [健康・体質改善・気分転換]


タワーマンションのセールスを受けました。「ただ住んでいるだけで自慢できますよー」「遊べる施設や便利な商業施設が色々あって贅沢できますよー」とよく言っていました。


正直、タワーマンションはあまり住みたくないです。そんなところに住むお金もないのですが、仮にあったとしても住まないと思います。


高層ビル.jpg



高いところに住むと、人は体調を壊すんですよね。


窓を開けられない、またそれにより洗濯物を干せないので、室内の空気が悪くなるし、それがダニやカビのもとにもなる、、、気圧が低いので血液循環が悪くなる、、、土がないし、微生物や動物もいないので、自然界の循環システムが働かない(体内で気が巡らない)、、、高層ビルは耐震構造ではなく制震構造、つまり地震時にあえて揺らすように作られているので、ちょっとした風でも微妙に揺れて平衡感覚がおかしくなる、、、他にも色々、、、


体調面以外でも、下に降りるまでに時間がかかる(朝の出勤時はエレベータが込んで予定通りにはいかない)、荷物を運ぶのが大変、引きこもりがちになる、災害時に身動きがとりにくくなるなど。


本当に贅沢な家は木でできた古臭い家です。木というものは建材となっても呼吸し続け、寒暖や乾湿を調整してくれます。通気性がよいので、空気がこもらないし、結露も起こしません。それだけ腐食もないのです。化学物質による毒被害がありません。そして温かいです。


これから東京オリンピック開催前、また消費増税前ということで、セールスが多くなってくると思いますが、何かの参考になれば幸いです。



nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート