So-net無料ブログ作成

極性の法則ー不幸な人ほど幸せ [ご縁・感謝・調和]


僕は一度、
死ぬかもしれないような
経験をしたことがあります。


食事もとれない、、
歩くこともできない、、
まともに睡眠をとることもできない、、


これでもう
全てが終わってしまうかもしれない、、


という経験です。


ハンガリーブダペスト.jpg


誤解を恐れずに言えば、
こういう経験をした人は、
ある意味、
幸福を感じやすくなると思います。


ただ食事ができるだけで、
ただ歩けるだけで、
ただ睡眠がとれるだけで、
ただ生きているだけで、


ただこれだけで
幸福を感じることができるのです。


「何気ない日常こそが幸せなんだよ」
「生かされているだけで幸せなんだよ」


といった教えもありますが、
実際問題、頭で理解するだけでは
分からないと思うんですよね。


実際に、
苦しい思いを経験していないと
体感的に分からないと思うのです。


「山に入る者は山を見ず」
という言葉があります。


山の中にいては、
真の山の姿は分からない。
花、木、川などがあったり、
動物がいたりするが、
それらは山の一部でしかない。
真の山の姿を知るには、
外から見てみる必要がある、
ということです。


つまり、
何かを理解するためには、
そこから一旦離れなければ
ならないということ。


転じて、
真の幸福を感じるためには、
それ以外を感じる必要がある
ということにもなると思うのです。


当時、
担当していたプロジェクトを
途中で降りることになりました。


時間をかけて、
色々と準備してきただけに、
悔しかったです。


かなり難しいとされている
プロジェクトで、
結果を出せる自信があっただけに、
悔しかったです。


何年もたった今でも
あの悔しさは忘れられないです。


今の僕は、毎日忙しいし、
プレッシャーばかりですが、
あの時よりずっとましです。


どんなに苦しくても、
自分の可能性に
チャレンジできるだけで幸せです。


朝から晩まで働いて、
ヘトヘトに疲れ果てたとしても、
メンタル面ではどこか気分がいいです。


「今日もチャレンジできた」
「学びも進展もあった」
と感謝の気持ちで
1日を終えることができて幸せです ^^


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート