So-net無料ブログ作成
検索選択

可能性に生きるためにライバルが必要な理由 [ご縁・感謝・調和]


禅には、
「石中に火有り、打たざれば発せず」
という言葉があります。


どこにでもある石であっても、
他の石と打ち合えば火が出るもので、
その火は山を焼き尽くすほどの
大きなエネルギーにもなりうる、
転じて、周りと刺激し合うことで
お互いの可能性が広がっていくだろう
といった意味です。



スクーター.jpg



僕自身、
ただ勝ち負けを決めるだけの関係は
どうでもいいと思っていますが、
お互いを刺激し合う関係は好きです。


何か事業を立ち上げるにしても、
新しく学問を始めるにしても、
マラソンにチャレンジするにしても、


「苦しい」「難しい」「諦めようかな」
といった気持ちが出てきた時、
「あいつが頑張っているなら俺も」
「いい報告ができるようにしたい」
といった思いが何よりの励みになります。


また、会話をしているときに、
意見の不一致により、火花が散る
こともありますが、そういう時ほど、
改善や進展のヒントを得られたりします。


意見の不一致を無視したら
同時に可能性を失います。
自分に見えてない世界というものがあるのです。


森羅万象どんなものにおいても、
摩擦がなければ磨かれません。
どんなに可能性を秘めたものあっても。


切磋琢磨できる仲間がいるかどうかで、
可能性が無限大とゼロに分かれるのです。



nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
脳力サポート