So-net無料ブログ作成
検索選択

記事ネタがない時はこの3つのポイントをチェック [文章・情報発信・読書・情報収集]


「自分も自分なりの情報発信をしていきたいがどういう記事・コンテンツにすればよいのか分からない」というご相談を受けることがあります。これは、「質問されること」「乗り越えたこと」「今注目されているもの」がおすすめです。


①質問されること
家族、友達、職場の人など、周りに質問されることって、実は、「人が知りたいこと」「自分の得意分野」なんですよね。だから、説明しやすいし、反応もとれやすいのです。例:パソコンの使い方、料理の仕方、おすすめの書籍など


②乗り越えたこと
基本的に、「不遇だった」「恥をかいた」「悩んでいた」など、隠したがる話は面白いです。読んでいる人に「自分だけではないんだ」という安心感や「自分はまだまだいける」という希望も与えます。そして、それを「どう捉え、どう工夫し、どう乗り越えたか」といったことを書くことで、似たような境遇の人の参考になります。例:たくさん失敗したけど最終的にダイエットに成功した話、長年苦しんでいたトラウマを克服した話など


③今注目されているもの
最新ニュース(経済、社会問題、技術など)、高視聴率番組、売れている本、人気スポットなど、社会が注目しているものから、自分の関心があるものを選び、自分の解釈・経験・レビューを書いていくのです。注目されてないものよりは反応がとれるはずです。僕の場合、働き方の変化、心の病など、社会的な問題をよく取り上げています。


以上です。


①と②は比較的、実用性・独自性を出しやすいと思います。③は他にはない視点で書ければコアなファンが増えやすいと思います。ちなみに僕の書く記事は上記3つで95%以上になると思います。


記事・コンテンツの作り方についてしっかりと学びたい方は、アメリカのコンテンツ女王ーアン・ハンドリーさんの書籍をおすすめします。


>> お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方
>> コンテンツ・マーケティング64の原則


Facebook、ブログ、twitterなどの各メディアにおいて、反応をとるための原則やテクニックが網羅されていて、この2冊だけで発信力が格段にアップすると思います。


僕自身は、「どうようにして自分の知識、経験、関心事をコンテンツに結び付けていくか」「その上でどうすれば読み手のニーズを満たしていけるか」「どうすれば分かりやすいものになるのか」といったことについて深く学びました。


全米ベストセラーだけあり、費用対効果は抜群ですので、コンテンツ力を鍛えたい方はぜひ読んでみてください。神田昌典さんもおすすめしています。


nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
脳力サポート