So-net無料ブログ作成

「支払った代償相当のものしか手に入らない」を実感した [文章・情報発信・読書・情報収集]


「自分が支払った代償相当
 のものしか手に入らない」


起業家や自己啓発に関心がある人が、
よくこういった言葉を使いますよね。


僕自身もそうかなと思います。


数日前、
以前から見てみたかった
数万円のセミナー動画が
無料開放されました。


もともと、無料開放される
予定があったわけではなく、
講師の方の思い付きにより
そうなったようです。


「ラッキー」と思い、
早速見てみたのですが、
全然頭に入らないんですよね。


内容自体は、自分にとって、
ためになる情報があると
頭では分かっているのですが、
それでも集中できないのです。


「自分が支払った代償相当
 のものしか手に入らない」


やはり、
お金を支払う痛みがないから、
元をとろうという気持ちに、
なりにくいんですよね。


もしかしたら、無料開放される前に、
見ておくべきだったのかもしれません。


僕は読書をよくするのですが、
「高いけどためになるから買おう」
と思って買ったものほど、
その内容が身についていますね。


例えば、3,000~4,000円する
ダイレクト出版の書籍とか、
10,000円くらいする情報商材などです。


内容が身についただけでなく、
支払った金額以上の、
投資効果を感じています。


結局、本気度というのは、
どれだけリスクをとれるかなんです。


これは、
書籍でも、情報商材でも、
セミナーでも、コンサルでも、
同じことだと思います。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート