So-net無料ブログ作成
検索選択

個人の時代では 大手に勤めていた人ほど成功できない? [ビジネス・金運]


これからは組織が衰退していく時代、個人ビジネスに取り組む人が増えてきていますね。僕の周りでも、ネットビジネスに取り組む人や、個人ビジネスにつなげていける資格の取得に励む人が増えてきています。


ビル.jpg



その中の一人がこんなことを言っていました。


『自分はまあまあの大手企業にいて、他では経験できない大きな仕事をしてきたし、それなりに使えるスキルを身に着けてきたし、それなりによい評価や待遇も受けてきた。でも個人でビジネスをしてみて、そういうものは潔く手放した方がいいと思った。組織で必要とされるものと、個人で必要とされるものは全然別のものだからね。これからの時代、組織で得たものがある人ほど大変かもしれない。』


僕も似たようなことを考えていました。この世は諸行無常です。あらゆるものは変化し続けます。苦労して得たものや、それまでよいとされてきたものが、何かの足かせになる場合もあると思います。


老子にこういう言葉(意訳)があります。


『人が生まれた時には、肉体が柔わらかくて弱々しい。 しかし、死ぬ時になれば、硬くて強張っている。草や木などもそうで、生まれた時に柔わらかくて脆いが、死ぬ時は枯れて堅くなる。このように、強く堅いものは死に近く、柔らかく弱いものは長生きなのである。』


ビジネスをしていく上で、こういう見方は大事だと思います。強がらず、自分が得てきたものに固執せず、状況の変化に応じて、柔軟に対応していくことが理想の在り方だと思います。


イチから、「潜在能力を引き出していこう」「コンテンツを作っていこう」「ファンを増やしていこう」「実績を作っていこう」というマインドのある人の方が、個人の時代では成功しやすいと思います。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート