So-net無料ブログ作成

川島和正氏流-喧嘩を仕掛けられた場合の意外な対処法 [ご縁・感謝・調和]


川島和正さんの無料メルマガのコラムにあった内容をシェアします。(※そのまま引用ではなく、僕が全体の意味やニュアンスをくみとりリライトしたもの。)


すぐ喧嘩してしまう相手との接し方...すぐ喧嘩してしまう相手とは、関わらないようにするのが一番です。なぜなら、相手の挑発に乗って、喧嘩して、自分が何か譲歩したら、相手は得したと思うからです。そして、相手はまた得をしようとして喧嘩を仕掛けてきます。人生の貴重な時間を使うときに、喧嘩するより笑顔の時間を増やしたほうがいいです。ちなみに、相手は、「喧嘩しても損」と考えるようになり、喧嘩を仕掛けてこなくなります。



同感です。

 
ポイントは、喧嘩を仕掛けてくる相手というのは、仕掛けられた側の反応に従うことになる、ということだと思います。

 
仕掛けた相手の得になるような反応をするのか、それとも損になるような反応をするのか、それは仕掛けらた側の出方次第です。

 
喧嘩を仕掛ける人というのは、言い換えれば、自分の思い通りにしようとする人ですが、上記のような見方をすれば、仕掛けられた側の思い通りに行動することとなります。。。

 
やはり笑顔が一番ですね。
 

僕の知る限り、幸せそうな人や、人の心をつかんでいる人は怒っている人ではなく笑顔の人です。


・・・・・


参考になるかどうか分かりませんが、怒らないようにするために僕が心掛けていることをシェアします。


①6秒我慢する...怒りの感情というものは、6秒で最大になり、それ以降静まっていきます。


②過去の事例を思いだす...「感情に任せて怒りまくったが今では後悔している」という経験は誰にでもあると思います。なので、怒ってしまいそうな時は、過去の事例を思い出すこと。「同じ思いはしたくない」と考えれば、次第に静まっていくはずです。


③貧乏ゆすり...(場合により出来なかったりしますが、)貧乏ゆすりの一定リズムの振動は、脳からセロトニンを分泌させ、ストレスが解消されるので、結果的に精神のバランスが整います。


④健康的な食生活...コンビニやファミレスなどにある食品添加物たっぷり食べ物は、体からミネラルを奪うのでイライラの原因になります。


⑤ストレスを溜めない生活...これは当たり前すぎることですが、大事なことでもあります。僕は、笑い、音楽療法、自然散策、運動などを取り入れるようにしています。


以上です。ご参考になれば幸いです。


p.s.
川島和正さんの無料メルマガ登録はこちら


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート