So-net無料ブログ作成

堀江貴文著「君がオヤジになる前に」レビュー&主要メッセージシェア [ビジネス・金運]



書籍レビュー
堀江貴文著
「君がオヤジになる前に」


君がオヤジになる前に.jpg


2010年、堀江さんがライブドア事件における最高裁の判決を待っていた時期に発売された書籍です。


先行きが見えず、生きづらさを抱えやすい現代、「これからの時代をどう生きていくべきか!?」 これがこの書籍のテーマです。


25歳、28歳、32歳、35歳、38歳と、各年齢に合わせたモデルケースを用意し、堀江さんがそれぞれに対して独自の見解を語っていくという内容です。


なお、本書に出てくる「オヤジ」という言葉には独自の定義があります。

『僕が本書で定義する、「オヤジ」とは年齢的なものではない。あらゆることー家族との向き合い方や仕事への接し方、服装や体型にいたるまでーを、より良き方向へ改善しようとすることを放棄してしまった者たちへの表現だ。』

引用元:堀江貴文著「君がオヤジになる前に」



書籍全体を通し一貫して説いているのは「思考停止に陥るな」ということ。


常に「何故こうなっているんだろう?」「自分に何か出来るだろう?」と自分の頭で考え、動き続けることが大事。これをやめるとオヤジになっていくし、成功からも遠ざかっていく。これが本書が最も伝えたいメッセージです。


堀江さんらしく、常識を逸脱する発言や過激な発言がありますが、ただむやみやたらに発言しているわけではなく、事実や理論に基づき分析し、理に叶った結論を導き出しています。(個人的には、それを実践して結果につなげているところが流石だといつも感じています。)


現実主義、効率優先で冷たい印象も受けますが、本質を捉えているので気づきや学びがあります。僕は自分の危機感のなさ、勉強不足、行動不足などに気づかせてもらいました。また、自分にあった既成概念を壊すことができたし、それだけ余計な迷いも払拭できたように思います。行動力につなげていきます。


以下、主たるメッセージを抜粋してシェアします。


◇人は安定を求めようとするプロセスで不安定になっていく。なぜならこの世は諸行無常で万物は流転するから。安定を求めるからこそ苦が生じると悟った上で、うまく生きていくスタイルを確立していくべきであり、だからこそ、思考停止に陥ってはならない。


◇思考停止を防ぐためには情報を仕入れることが何より大事。インターネットをフルに活用せよ。


◇受け売りでは成長しないし、差別化できない。自分の頭で考えよ。


◇成功したければ退路を断つ。自分をあえて苦しい状況に追い込んで、耐え抜いていくことが大事。この時自己否定をとことん繰り返すことがポイント。


◇成功しない人はいろいろ考えてしまって行動できなくなる。しかし漠然とした不安をもつより行動した方がよい。結果として失敗したとしても学びがある。


◇アイディアよりも圧倒的に大事なのは実行力。これだけネットが普及した時代、アイディアは至るところに転がっている。アイディアよりも、実行して形にした人が評価される。


◇文章を書くことで脳を活性化させる。いろいろな表現を考えるから自然と思考力が豊かになる。


◇儲かる仕事の大原則は4つある。 ①元手がゼロ ②定期収入がある ③在庫リスクがない ④利益率がいい。


◇自分が持っているパフォーマンスを最大限に活かさないのは、人が持って生まれた才能に対する冒涜。


以上です。


堀江さんの本は以前から読むようにしていますが、その度に「このままではいけない」「何とかしなくては」という気持ちにさせてくれます。


このままでいいのかと不安な人、正社員として働いていくことに疑問がある人、起業に興味がある人などにお勧めです。




nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート