So-net無料ブログ作成

奇跡のリンゴ!自分の苦労なんて大したことないと思える本! [挑戦・試練・自助努力・継続]


書籍レビュー




絶対不可能と言われてきたリンゴの無農薬栽培に成功した木村秋則さんの物語です。(農業を知らない人でも分かるように書かれています。)


農薬に依存する現代農業(自然界のバランスを崩す、病気を増やす、持続不可能)に疑問を持ち、8年もの歳月をかけながら、迷い苦しみながら、無農薬栽培にこだわり挑戦し続けました。


農薬をまけば収入が得られるのに、木村さんはその道を絶対に選びませんでした。どんなに失敗しても、畑が荒れても、生活が貧しくなっても、持続可能な農業を追い求めました。いつ答えが出るかも分からないまま、これが正しい道かも分からないまま、ひたすらに理想を追い求め続けました。


感動しました。涙が出ました。自分のしてきた苦労なんて全然大したことないと気づかせてもらいました。同時に「自分も限界に挑戦しよう」とやる気も湧いてきました。


現代人に欠けているチャレンジ精神、不屈の精神、奇跡を信じる力、自然観、健康観を教えてくれます。


僕個人としては、木村さんの生き方から下記のようなことを学びました。
・目標を達成するにおいて一番の敵は自分自身。人のせいにしない。言い訳しない。周りに流されない。そして最後まで諦めない。
・新しいことを成し遂げるには、既存の考え方や常識に疑問を持たなければならない。
・世のため、人のためになる夢は周りから応援される。
・失敗するのは本気でやっている証拠。失敗するほど学べる。失敗するほど成功に近づく。どんどん失敗していい。
・夢、愛、希望が人を強くし、行動的にさせる。


出会えて良かった本です。今の自分に必要なことをたくさん学べました。僕も自分の可能性に挑戦していきます。




nice!(64)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 64

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート