So-net無料ブログ作成

7つの習慣の名言をシェア!周りに頼っても損をするのは自分! [反省・改善・自分の責任]


『力を借りること(外的な力や相手に依存すること)は、弱さをつくり出すことになる。なぜなら、物事を成し遂げるために、外的な力にいっそう依存するようになるからだ。そして言いなりになるように強要された人も弱くなる。相手に依存し、自主的な判断力や自制の力が育たないからである。』

引用元: スティーヴン・R・コヴィー著「7つの習慣」



確かに、周りの力を借りてばかりでは、本来の自分が備えている力を失っていきますね。


他力は楽であるがゆえに、そのやり方が自分の血肉にどんどん刷り込まれ、甘えを生み出していきます。また、それが当たり前と錯覚してしまえば、改善しようとする意識や感謝する気持ちも薄れていきます。


自分の力、自分の責任で道を切り拓いていくことは簡単なことではないですが、そこに必死で立ち向かうからこそ自分の潜在能力や個性が引き出されるのです。自分に対する自信や生きがいが生まれてくるのです。


一度きり人生、周りに頼ることで、自分らしさを発揮できなくなることは勿体ない。周りの力を借りることは楽ですが、この楽こそが自分を苦しめるように思います。


人間は楽をしたがるし、自分の限界を自分自身で作ってしまうところもある。だからこそ「自分は周りに頼っていないか?」と内省する姿勢が大事だと思います。


甘えない。依存しない。エゴを優先しない。精神力やセルフマネジメント力を鍛えながら、自分の道を切り拓いていきます。


p.s.
周りの人や組織に依存しない意識はもちろん大事ですが、物質的・環境的に依存しない意識も大事だと思います。例えば、ネット依存はコミュニケーション能力の低下、冷暖房依存は体温調節機能の低下、乗り物依存は筋力の低下を招きます。


nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 37

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート