So-net無料ブログ作成
検索選択

被害者意識に囚われている人が不幸になる理由 [反省・改善・自分の責任]


『被害者意識を捨て、解決策を見出そうとする気持ちが起死回生につながる。』 -桜井一紀-



「周りのせいで自分は不幸だ」というような被害者意識が生まれると、感情に流されて物事の本質を見失うし、自分の見方だけに支配されて、周りの助言が聞けなくなるものです。必然的に、解決策に辿り着きにくくなくなるのです。
 

周りから責められないようにと、自分が傷つかないようにと防御線を張り巡らす人もいますが、やればやるほど解決から遠ざかっていきますね。
 

辛い時こそ、状況を変えたいときこそ、一時的な感情や自分の解釈というものは一刻も早く手放した方がいいと思います。
 

少し話がずれますが、例えば、全然違う文化の人や海外の人と交流する時、最初は緊張したり、ぎこちなかったりするのですが、それまでにない学びや感動により、いつの間にか楽しくなってくることってありますよね。嬉しい誤算というか。
 

(被害者意識に限らず)うまくいかない時ほど自分の見ている世界を変えてみた方がよいのかもしれません。出会いが人を変えるし、自分に関心をもってくれる人が自分の良さや改善点を教えてくれるのです。


United_Kingdom_Parks.jpg


p.s
いつも思うのですが、人の視野というものは心の在り方で変わってくるものだと思います。明るく前向きな時には周りとコミュニケーションをとるようになるし、その意見も聞けるのですが、逆に不安や恐れがあるときは一人の世界に入りがちになる。そういうのあると思います。


nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート