So-net無料ブログ作成

7つの習慣!楽に結果を出しても一時的な成功でしかない! [挑戦・試練・自助努力・継続]


『個性主義(目先のテクニックだけで多くの成功を勝ち取ろうとする考え方や行動)には絶大な人気がある。なぜなら、それは自然の法則に沿った順序やプロセスを踏まなくても、手っ取り早く、質の高い生活やほかの人との深い、有意義な関係をつくる方法があると教えているからだ。しかしながら、それは実体のない絵空事にすぎず、働かずして楽に金持ちになれるといった根拠のない空約束のようなものである。個性主義は時として成功しているかのように見えるが、長期的には必ず化けの皮が剥がされる。』

引用元: スティーヴン・R・コヴィー著「7つの習慣」



最近は苦労せず結果を出したいために、表面的なテクニックや対症療法などが往行しているように思います。


例えば、

・一時的に症状を緩和させるだけで、根本原因に対処しない西洋医学
・誰でもインフルエンサーになれてしまういいね!爆発セミナー
・化学調味料で食欲を刺激する外食産業
・人の気をひくために美容整形

など


これで仮に結果を出せても、その価値が高まるわけでも、人生が豊かになるわけでもありません。誇りもなくなるし、逃げ癖もつくし、本質的な問題を見逃す場合もあると思います。


引き寄せの法則で言えば「自分の力では結果を出せない」という意識が潜在意識に刷り込まれるため真の成功からは遠ざかります。


結果が出ればそれでよいとかではなく、その目標に向かうプロセスで「自分をどう成長させたいのか」「何を改善したいのか」「どう工夫したか」「何を学んだか」「どう今後に活かしていくか」「どう周りに伝えていくか」ということ意識しながら取り組む方がずっと成長するし、根本的なところがしっかりしてくるので、長期的に良い結果を引き寄せられるようになると思います。


長期的な成功のためには自助努力ありきだと僕は思います。


p.s.
今回はスティーブ・R・コヴィー氏の書籍「7つの習慣」の言葉をシェアしました。コヴィー氏は世界的に高い評価を受ける経営コンサルタントで、この「7つの習慣」は企業研修でもよく使われる有名な成功哲学本です。成功に関する文献を調査、分析、整理し導かれた普遍的な原則を「7つの習慣」として体系化し、経済的にも精神的にも成功をおさめていくための生き方を提言されています。テクニックではなく、原則に沿った生き方の大切さについて考えさせてくれます。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート