So-net無料ブログ作成
検索選択

後悔ない人生を歩みたい人は読むべき「死ぬときに後悔すること25」 [挑戦・試練・自助努力・継続]


書籍レビュー




死を真近に控えた末期患者と向き合う緩和医療専門医が、患者が吐露する「やり残したこと」を25にまとめ、解説を加えた本です。


1.健康を大切にしなかったこと
2.たばこを止めなかったこと
3.生前の意志を示さなかったこと
4.治療の意味を見失ってしまったこと
5.自分のやりたいことをやらなかったこと
6.夢をかなえられなかったこと
7.悪事に手を染めたこと
8.感情に振り回された一生を過ごしたこと
9.他人に優しくしなかったこと
10.自分が一番と信じて疑わなかったこと
11.遺産をどうするかを決めなかったこと
12.自分の葬儀を考えなかったこと
13.故郷に帰らなかったこと
14.美味しいものを食べておかなかったこと
15.仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16.行きたい場所に旅行しなかったこと
17.会いたい人に会っておかなかったこと
18.記憶に残る恋愛をしなかったこと
19.結婚をしなかったこと
20.子供を育てなかったこと
21.子供を結婚させなかったこと
22.自分の生きた証を残さなかったこと
23.生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24.神仏の教えを知らなかったこと
25.愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

引用元: 大津秀一著「死ぬときに後悔すること25」



お金とか物質的な(あの世には持っていけない)ものより、人間関係や精神的なものが大事ということが分かります。


それぞれに著者の解説もあります。現場を知り、誰よりも患者の抱える苦悩を知っている著者の言葉には重みがあり、自分と向き合いながら、死生観について考えるようになります。


これを読むと、小さなことに悩んだり、無為に過ごすことが減ってくると思います。そして「後悔したくない」「毎日貴重な体験をさせてもらっている」という意識が芽生え、新鮮さや積極性を持ちながら生きていけるようになると思います。
 

もし明日死ぬとしたら後悔することがたくさんあるはず。出会いを大事に、健康を大事に、時間を大事にしてどんどん行動ですね。こういう気持ちで生きていれば、充実しやすいし、例え結果が伴わなくても後悔が少ないはずです。
 

個人的に「死について考えることは、生について考えることと同じ」と捉えています。
 

「どんな死に方をするんだろう」「それまでに何をできるんだろう」「何を遺せるんだろう」というテーマについて自分なりのイメージがなければ生き方もブレてくるように思います。
 

これからも、折に触れて読み返していこうと思います。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート