So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ節制生活をするのか?逃げても理想を失って苦しくなるだけ! [挑戦・試練・自助努力・継続]


『苦しいから逃げるのではない。 逃げるから苦しくなるのだ。』 -ウィリアム・ジェームズ-



朝は2時~4時くらいに起床し、夜の8時~10時くらいまで一心不乱に課題に取り組んでいます。食事は1日1食夜のみ。プライベートはなし。もちろんテレビやゲームもなし。この生活を何か月も続けています。


投げ出したくなる時も正直ありますが「これで自分は変われるかもしれない」「こんな経験が出来るのも人生で一度きりかもしれない」と考えるとやる気が湧いてきます。


かつては楽をしたり、逃げてしまったこともあります。課題や問題意識を抱えながらも行動しなかったり、表面的なテクニックや対症療法で対応してしまったり。


でもこれは人間的に成長しているわけではないんですよね。


ただ与えられたチャンス、時間、体力などを無駄に消費しているだけ。(世の中にはチャンス、時間、体力がなくてチャレンジできない人もいる。) 意義ある生を送るなら、優先すべきは消費ではなく、成長や未来につなげていく投資です。


人間が生きがいや人生の素晴らしさを感じるのは、難しいことを成し遂げたときです。


・弱点を克服して在り方や生活が変わったり
・漠然としていたものが形になっていったり
・不可能を覆して周りの人を驚かせたり


こういう境地は逃げていては得られない。逃げると一見楽になるような気もしますが、実は理想を失って苦しくなるのです。


忙しいとか、難しいというのは、それだけ役割や学びの機会を与えられているということ。1日1日に最善を尽くしていきます!!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート