So-net無料ブログ作成

ユダヤの教えより!バカになった方が得! [反省・改善・自分の責任]


『賢く振舞うよりも、バカになるほうが、えてして得をする。』 ―ユダヤの教え―



この言葉を聞いた時、下記のようなメリットがあると感じました。


【行動力アップ】
「方法論が確立されないから・・・」「理論的な保障がないから・・・」など、賢く振舞う人ほど、出来ない理由を並べ、行動できなくなる傾向があるように思います。なので、何かに挑戦するときには、積極的にバカを発揮していく必要もあると思います。僕が知る限り、失敗を恐れず行動する人や、失敗をどうにかチャンスにこじつけようとする人の方が結果を出している気がします。


【協調性が生まれる】
自分の弱点を認め、それを周りに知っておいてもらえれば、何かあったときフォローしてもらいやすいと思います。また自分の弱点をさらけだせば、相手も弱点をさらけだしやすくなり、心の壁が取り払われたり、相談しやすくなったりと、何かとやりやすくなると思います。


【学びが増える】
「自分はたいして賢い人間ではない」という意識があれば、プライドやペルソナなんて捨てていけますね。出会う人全てが学びの対象となり、日々、謙虚に、新鮮さと積極性を持ちながら、自分の成長を楽しめるようになると思います。


バカになり、愚直に経験を積み重ねていくことで、賢く振る舞う自分に勝ちたいです ^^


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート