So-net無料ブログ作成

こういう見方をすれば苦情もチャンスとなる [ビジネス・金運]


『苦情を言う客よいお客...「サービスが悪い」「使いにくい」と苦情を言うお客様は、つい敬遠したくなる。しかし、その苦情を真剣に受けとめ、ご不満を解消すべく工夫を重ねるなら、仕事の仕方や商品に大きな改善がはかられる。お金を出して買って下さった上に、改善、向上のキッカケまで与えて下さるお客様の苦情は“神の声”と受けとめたい。』

引用元:PHP研究所ー松下幸之助 成功 日めくり



苦情を敬遠したい場合もあるかも
しれませんが、事を運んでいくため
には謙虚に耳を傾けたい。


・道を踏み外さないため
・度量の狭さを克服するため
・発想を転換・拡大していくため
・商品・サービスの改善向上のため


そして、ご縁を結ぶため


最も危惧すべきなのは、苦情を
言わずに離れていくお客様のことです。
 

原因を把握できず、改善することもなく、
不満をもったままお客様が離れていく
のは寂しいですよね。


「苦情を率先して受け入れ、お客様
の立場になって最善の対応をしていく」


こういう姿勢がお客様に通じれば、
かえってファンやリピーターになって
くださるお客様もいると思います。


お客様が苦情を言って下さるのは
「今後もここと付き合いたい」
という前提があるからです。


この前提がなければ、
苦情は言って下さらないはずです。


苦情は学べるチャンスであり、
ご縁を結ぶチャンスです ^^


美しい自然とベンチ.jpeg


p.s.
苦情を敬遠していると、
売上は落ちていきます。
なぜなら、お客様の悩みを解決
することが仕事の本質だからです。


p.p.s.
「松下幸之助 成功 日めくり」
にあった言葉をシェアしました。
これは有料アプリですが、こちらの
Facebookページで無料で見れます。
>> Facebookページ-松下幸之助『道をひらく』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート