So-net無料ブログ作成
検索選択

松下幸之助の名言をシェア!失敗していい!失敗するほど学べる! [反省・改善・自分の責任]


『失敗の原因を素直に認識し、「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人だと思います。』

引用元:松下幸之助著「松下幸之助一日一話」





失敗というものは、嘆く対象でも、時間や体力の消耗でもなく、自分のやり方を見直すために、積極的に活用していくべきものだと思います。

 
何事も、原因があって、結果があるのです。原因が変わらなければ、結果も変わらないのです。失敗は、やり方(原因)が間違っている、ということを教えてくれているのであり、そこで分析・内省することでやり方を変え、結果も変えることが出来るのです。

 
行動→失敗→分析→改善→
行動→失敗→分析→改善→


この繰り返しは、失敗する度に学べるということ。つまり成功への道であり、成長の証。


失敗を失敗で終わらせてしまうから捉え方がネガティブになっていくんです。失敗を成功につなげていけば、捉え方がポジティブになり、どんどんチャレンジしていこうという気持ちになっていくのです。


失敗自体は危惧の対象ではないと思います。危惧すべきなのは、失敗を恐れて行動しないことです。何事も好奇心をもってチャレンジし、失敗から積極的に学んでいきます。


失敗は成功のもと.jpeg


p.s.
かつて、自分の不徳の致すところから、経済的にひどく困窮したことがあります。その時は事態の収拾に大変苦しみましたが、そこから得られた反省材料や教訓は今の自分にいかされています。もし、その経験がなければ、自分の認識の間違いや慢心に気づくことはなかったと思います。それだけ、もっと大きな失敗を招いたはずだし、その後の成長や仕事の発展はなかったと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート