So-net無料ブログ作成
検索選択

安岡正篤の名言をシェア!主体的、創造的に生きるマインド! [挑戦・試練・自助努力・継続]


『環境が人を作るということに捉われてしまえば、人間は単なる物、単なる機械になってしまう。人は環境を作るからして、そこに人間の人間たる所以がある、自由がある。即ち主体性、創造性がある。だから人物が偉大であればあるほど、立派な環境を作る。人間が出来ないと環境に支配される。』

引用元:安岡正篤著「安岡正篤一日一言」




自分のことであれ、会社の業績であれ、社会問題であれ、どの環境においても、変えるべき現状や取り組むべき課題というのはいくらでもあると思います。


環境に支配されてしまう人は、行動しなかったり、周囲の人や社会に対して不平不満を言うだけで何も変わらない。人間関係も、与え合いや高め合いではなく、自分の損得で選んでしまうので、齟齬や余計なトラブルが起きやすい。


一方、創造性のある人は、自分の意思で行動を起こし、次々と縁を作り出しては、模範を示し、心を動かし、やりやすい状況を作り、フォローをし、責任をとりながらどんどん環境を好転させていく。しかも、この間に人間的成長、評価、人脈なども手にいれ、さらに難しい問題に取り組める人間になっていく。

 
どちらが好ましいか姿かは言うまでもないですね。


「自分には何もない」「誰かがやるだろう」と考えてしまえば、物事は停滞するのです。逆に、「自分には力がある」「その力を何かに役立てよう」と考えれば未来を見通すことができるし、それだけ行動力が生まれるのです。


僕も現状に甘んじることなく、どんどん新しいことにチャレンジしていきます!!


p.s.
今回は安岡正篤さんの書籍「安岡正篤一日一言」にあった言葉をシェアしました。実は書籍を購入しなくても、こちらのサイト(Facebookページ)でその内容を読むことができます。※姉妹本「安岡正篤教学一日一言」「安岡正篤活学一日一言」も読めます。
>> Facebookページ-安岡正篤を学ぶ


タグ:安岡正篤
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート