So-net無料ブログ作成

松下幸之助著「続・道をひらく」より!心のぬくもりを取り戻したい! [ご縁・感謝・調和]


混迷を極め、冷えきった現代、みんなで一丸となり、社会問題の解決を目指したい。しかし、すでに心の冷えが社会に蔓延し、互いに歩み寄ること、助け合うことすらままならない現状もあるような、、


我々が目指すべき社会というのは、全ての存在がつながりみんなで幸せになることです。心のぬくもりを取り戻せば、互いの縁の結び付きも力強いものとなり、明るい未来も実現しやすくなると思います。


松下幸之助さんの言葉をシェアします!!

『心のぬくもり---人の心は暖かくもなれば冷たくもなる。手にとってその暖かみ、冷たさをはかるわけにはいかないけれど、心の冷暖は温度計ではかる以上の正確さで、人から人につたわっていく。そのつたわり方は、口先でもなければジェスチュアでもない。心と心のジカのふれあいである。それにしてもきょうこのごろの世の中、心のぬくもりの何とうすくなったことか。頭がよくて、口先が巧みで、理が立って、それでなお寒々とした心の気配しかつたわらない人の何と多いことか。そうした人と人との交わり。そこには、ジーンと胸にひびく感動もなければ、互いに募い寄る情感も生まれてこない。感謝の心がないのである。ありがたく思う心がうすれたのである。米一粒にも天地の恩を感じ、人の情けに涙したあの日本人の心のぬくもりはどこへ行ったのであろう。音もなく崩れゆくこの日本人の心を、慄然とした思いで省みたい。このままでよいのかと問いかえしてみたい。他人事ではない。自分のことなのである。』

引用元:松下幸之助著「続・道をひらく」




p.s.
僕は進藤義晴先生が提唱する「冷えとり健康法」というものに取り組んでいます。体がポカポカ温まってきて身体の不調から解放されてくるのですが、同時に心もポカポカ温まってきます。(心身一如:心と体はつながっている。) これに取り組んでから、邪心やエゴから解放されてきたし、気持ちも前向きになり、大分生きやすくなってきました。もちろん人間関係も良くなってきています。心も体も冷えやすい現代にお勧めの健康法です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
脳力サポート